【決定版】大阪のバーチャルオフィスBEST5

大阪市内で厳選したバーチャルオフィスを比較・検証したサイト

HOME » 登記は?電話は?バーチャルオフィスQ&A

登記は?電話は?バーチャルオフィスQ&A

バーチャルオフィスの開設や利用するにあたり、多くの方が抱く疑問をまとめました。バーチャルオフィスでできること、できないこと、注意したいポイントなども集めましたので参考までにご覧ください。

Q.バーチャルオフィスの契約の流れ、必要な書類は何ですか?

A.まず、必要書類を集めて提出します。利用申込書、運転免許証やパスポートなど身分証明書のコピーのほか、法人だと登記簿謄本原本、個人の場合は住民票の原本などが必要になります。書類(入居)審査に通れば支払い内容を確認してサービス開始。最短一週間ほどで利用できるようになります。

Q.契約期間はどれくらい?

A.最低1カ月、2~3カ月契約のところがほとんどです。半年、1年などコースを設けているところもあり、長期契約だと利用料を割り引いてくれる会社もあります。

Q.法人登記はできるの?

A.ほとんどのところで可能です。オフィスがあるビルの住所で登記できます。

Q.個人で契約した後、法人化したとき契約変更はできるの?

A.可能です。実際、新規開設の際は個人契約で、その後登記して法人契約に変更するケースがほとんどです。なお変更時には再審査がありますが、代表者や事業内容などに変更がなければ運営会社のほうで手続きしてくれる場合もあります。

Q.オフィスに電話は設置されているの?

A.多くのバーチャルオフィスで設置されています。フリーダイヤル番号の取得や、電話転送サービスなどを受けることも可能です。なお、運営会社によっては別途料金がかかる会社もあります。

Q.自分宛(自分の会社)に電話がかかってきたら、応対してくれるの?

A.電話代行サービスなどを提供しているところなら、応対可能です。業界の専門知識やバイリンガルなどトレーニングを受けた受付が対応する会社もあり、不在の場合でも安心です。また、転送サービスを提供しているバーチャルオフィスもあります(有料の場合がほとんどですが、大阪・梅田のCUBEなど、プラン基本料金で享受できるバーチャルオフィスもあります)。

Q.郵便物は受け取ってもらえますか?

A.ほとんどの会社で受け取りは可能です。なお内容証明や配達証明などの郵送物は不在票の受け取りのみ対応。また代引の郵便物などは事前に料金を払っておかないと受け取れないところもあります。

Q.来客があった場合の対応とかしてくれるの?

A.受付のスタッフが不在を伝え、来客者の名前や名刺、伝言を預かってくれます。伝言等は、電話やメールで伝えてくれます。

Q.解約するにはどうしたらよい?

A.解約届を提出します。一般的には1カ月前までに申告し、申し出した翌月末日の解約となるところがほとんどです。なお半年、一年契約をして契約期間中に解約した場合は違約金が発生することもあります。

 

 
【決定版】大阪のバーチャルオフィスBEST5